たくさんの人々のおしごとによって、波佐見焼はみなさんのところへと渡っていくのです。